データベース・テクノロジー

弊社独自のクラウド 「マツエソフト・データベース・クラウド」 を使用します。

当社ではデータベースにオープンソースのMariaDBを使用することを基本とします。
それに加え、独自の マツエソフト・データベース・クラウド を使用します。

■マツエソフト・データベース・クラウドとは

狭義ではデータベースのO/Rマッピングに類したものです。
広義ではデータベースの設計/管理および実行環境です。

昔ながらの開発手法ではデータベースにアクセスする命令文(SQL等)を設計し、手で入力し、その結果をプログラムでひとつひとつ取り込みます。
当方クラウドを使用しますと、設計は旧来と同様に行う必要がございますが、データベースとのやりとりのうち95%以上(当社比)はクラウド上から設定するだけで実行できるようになります。
これにより、従来の開発手法では必須であった開発や運用にまつわる細かな雑処理のかなりの部分をクラウドに任せることができ、高速開発・低作業負荷運用が可能になります。

ウェブ・アプリケーションを使用する際は、Web上で動作するウェブ・アプリケーションがデータベースにアクセスする際の処理を管理・実行します。
ウィンドウズ・アプリケーションあるいはAndroidアプリケーションを使用する際はアプリケーションがWebサーバ経由でデータベースにアクセスする際の処理を管理・実行します。

■従来の開発との対比

データベースを使用した基本的な開発手順は以下になります。

  1. データベースを作成し、構造(テーブル)を定義する
  2. アクセス(読み書き)を定義し、SQL文を作成する   → 弊社クラウドで省力化
  3. プログラムから3番で作成したSQL文を使ってデータを読み書きする。   → 弊社クラウドで省力化
  4. 必要に応じてデータをプログラムで処理
  5. 画面に表示する

弊社のクラウドを使うことにより2番と3番の手順を省力化します。
1番のステップは業務分析に基づいてエンジニアが行います。 その後、マツエソフト・データベース・クラウド上に要求に応じた定義をすることでデータベースへのアクセス(読み書き)ができるようになります。
従来は手で作成していた部分をクラウドに置き換えることにより、時間短縮および品質の向上が同時に実現できます。

■事例

弊社サービスのほぼ全てで使用しております。

ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 新規登録


お問い合わせ

© 2016-2018 Matsuesoft Corporation

マツエソフトをフォローする